家賃滞納リスクを回避|ビル経営で収入アップ|普通の人生が嫌なら

ビル経営で収入アップ|普通の人生が嫌なら

女性

家賃滞納リスクを回避

女性

連帯保証人を代行

一般に高齢者や外国人などは、賃貸住宅の貸主からはリスクが高いと見なされ、入居しにくいのが現状です。これらの方々は連帯保証人を置くことも難しいので、さらに賃貸住宅を利用しにくくなっています。しかし今後は人口が減少していくため、貸主もリスクの低い入居者ばかりを選んではいられません。家賃債務保証は賃貸住宅を利用しにくい方のために、公的機関や保証会社が連帯保証人の代わりを務める制度です。家賃債務保証を利用することで、借主は保証人がなくても賃貸住宅に入居しやすくなります。また貸主にとっては、万一家賃の滞納があっても収入が保証されるため、幅広い借主を入居させることができ、空室リスクを下げられるとして人気があります。

契約の条件

公的な家賃債務保証の対象となるのは、60歳以上の高齢者世帯や要介護・要支援者のいる世帯のほか、障害者世帯・外国人世帯・子育て世帯などです。滞納があった場合、最大で12か月分の家賃・管理費・共益費が保証されるほか、原状回復費や訴訟費用も支給されます。保証料は原則として入居者が支払うので、貸主の負担はありません。基本契約を結ぶのにも、印紙代以外は必要ありません。ただし一定の条件が求められることがあります。またどんな入居者でも利用できるとは限りません。民間の家賃債務保証会社も数多くあり、契約条件は会社によって異なります。オーナーが直接契約する場合もありますが、管理会社に任せておけば手間を省けるというメリットがあります。